« オビーディエンストレーニング49回目 | トップページ | オビーディエンストレーニング50回目 »

がんについて

昨日がんについてのセミナーに行ってきました。詳しくは、こちら

「あなたの動物をあなたがまもる!!」

身近にがんという存在がまったく無いので、実感がないというのが正直なところですが、いつ何時なってもおかしくない病気ですよね。まあ、難しいことは分からないんですが、飼い主としてできることはなんだろう??って考えちゃいますね。

<治療の本質を知る。>
①根治治療(Ⅰ期治療)
  完全なる腫瘍の根絶が目的
  QOLの若干の低下も許容
②緩和治療(Ⅱ期治療)
  QOLの維持・向上が目的
  腫瘍増殖をできるだけコントロール
③対症治療(Ⅲ期治療)
  QOLの向上のみが目的
  腫瘍に対抗する手段なし

がんの進行状態により、治療法・対処法が変わってくるとのことでした。早期発見の場合、かなり進行してしまった場合。など、さまざまあると思います。どういう治療をしていくかは、犬自身では決められませんね。獣医さんの意見を聞きながら最終的には飼い主さんの選択次第だということですね。

「残りの犬生をどういう風に過ごさせてあげられるか?」

飼い主の責任重大ですね。いろいろと考えさせられました。

|

« オビーディエンストレーニング49回目 | トップページ | オビーディエンストレーニング50回目 »

「トレーニング、セミナー」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
ワンの癌について最近特集されることが多くなりましたね。
癌に限らず予備知識って大事ですよね。
こういったセミナーをもっと開催して欲しいし、飼い主さんも予備知識を身に付けて欲しいと思います。

投稿: ぐりえっつん | 2007年2月 3日 (土) 23時03分

to ぐりえっつんさん

こんにちは~。
そうですよね。病気の予備知識を持つことは大切ですよね。
救急時の時に対処できたり、治療時など予備知識があれば、治療方法の選択など、幅が広がるかもしれませんよね。
病気にならないことが一番なのですが、そういうわけにはいきませんからね・・・(^^;

投稿: こーじ | 2007年2月 4日 (日) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97235/5115543

この記事へのトラックバック一覧です: がんについて:

« オビーディエンストレーニング49回目 | トップページ | オビーディエンストレーニング50回目 »