« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

これはちょっと・・・

伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーとにドッグランがありました。downwardleft
13
15

でも、なんかおかしいでしょannoy
出入り口が2重扉になってないし・・・
14

さらには、「糞の処理以外極力はいらないように」だってimpact
理由は・・・芝生を育てるためだって。。。
たしかに芝生のほうがいいとは思うけど、わんこに何かあったらどうするんだろ??
16

なので、ランの中にはわんこだけ・・・dog
17

やっぱりちょっとおかしいよね・・・dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆旅行2日目(3/19)

さてさて、伊豆旅行2日目は・・・

<2日目の行程>
さくらの里でお散歩cherryblossom

茶房・体験工房さくら坂でクリアキャンドル作り

伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーとでランチ??

伊東マリンタウンで休憩

平塚着

という、ちょっと軽めの行程で、早めの帰宅でありました。

さくらの里での早朝散歩です。
犬の散歩している人ちらほらと・・・でもノーリードはやめてねimpact
6

お花見はもうチョイ先ですね。春はいつくるかなぁ~cherryblossom
7

茶房・体験工房さくら坂では、クリアキャンドルをつくりました。
これも、砂やビーズ、小物を入れてロウで固めるだけですがsweat01
とりあえずこんな感じでhappy01
たぶん使うことはなく、飾りになっちゃいますが(笑)
8_2

ランチしようと思ってたぐらんぱるぽーとでは、朝ごはんはしっかりとったので、あんまりお腹もすいてなくて、こんなものにcoldsweats01
期間限定のさくらソフトです。やっぱり限定ものにはヨワイ・・・sweat02
でも、おいしゅうございました。
12

ここは、ぐらんぱるぽーとにある「恋人テラス」

★愛してイルカ、愛されてイルカ、愛し合ってイルカ★

ということで「イルカ」らしいです。
とりあえず、ゆいたんだけでカシャcamera・・・(^^;
9 

とまあ、こんなことしながら帰路についたのであります。
あっという間の2日間でしたが、まったりと現実逃避できました(笑)
1年に1度くらいはいいよねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆旅行1日目(3/18)

3月18日(木)~19日(金)にかけてゆいたんと伊豆旅行に行ってきました~happy01
とりあえず、現実世界から逃げ出してきましたよ(笑)

<1日目の行程>
平塚出発car

伊東マリンタウンで休憩parking

はるひら丸遊覧船「イルカ号」乗船ship

アジアン市場UBUDでランチ

ハーブビレッジでハーブせっけん作り体験

お宿「サンロード」到着

このイルカ号に乗ってきました。downwardleft
約50分の船旅?遊覧です。
1_2

イルカ号はペットOKで、なんと、海中が見えるのです。
でも、この日は透明度が3~5mくらいで微妙・・・sweat01
ゆいたん残念でしたbearing
2_2

ハーブビレッジでは、ハーブせっけん作り♪
効能が「若返り」か「美肌」のハーブが選べたけど・・・どっちもどっちなんで「美肌」のローズヒップで作りました。といっても、混ぜて、こねて、固めただけですが(笑)
3_2

旅の目的といえば、やっぱり、その土地ならではのお夕食restaurant
画像に写っているもののほかにすき焼きやら煮物、なすの煮物などあり、結構な量で、おなかいっぱいでした。scissors
4_2

んで、お宿でのゆいたんは・・・
車での長旅とお宿のドッグランで遊んだのでお疲れモードでしたsleepy
5_2

とまあ、こんな感じで1日目終了~bell
2日目へつづく・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

市原SA

先日の里帰りの途中で休憩がてら立ち寄ってきました。

市原サービスエリアparkingtoilet

3

ドッグランも完備してました。
2

それに、こんなものまでeye
わんこのおやつ、お水、うんち袋の自販機です。
自販機ひとつ丸々わんこグッズです。
1

さらには、わんこごはんまで!!
4

あと、SA内には、お散歩できるようなお花畑もあって、休憩するにはもってこいのところでした。
5

ホント最近のSAもわんこにやさしくなってきていますね。
人間と犬との共存ということが理解され始めた?
それとも、ただのお金儲け??
まあ、いずれにせよ、便利になってきていることは事実ですね。
ただ、ペットブームにのってあれもこれもというように、人間本位で加熱しすぎないようにしていくことも大切じゃないかと思います。
ルール、マナーを守って初めて共存という道が開けてきますもんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第2回 ヒトと動物の関係に関する教育研究カンファレンス

ヒトと動物の関係に関する教育研究センター主催の
「第2回 ヒトと動物の関係に関する教育研究カンファレンス~犬を介在させた活動報告・交流会~」
に参加してきました。
3
会場は、麻布大学。
1

内容は、以下のとおり、盛りだくさんgood

■ 特別講演1「生理学的側面から犬の行動を解釈する」太田光明(麻布大学教授)
■ 特別講演2「犬のエキスパートから見たアニマルセラピー~犬の成長の視点から~」  大島かおり(救助犬訓練士協会)

■ 子どもを対象にした活動
1.吉田尚子、富山久美子、村上明美、福尾紘子、原大二郎(特定非営利活動法人 CANBE、子供のための動物と自然の絆教育研究会)
2.伊澤都(ヒトと動物の関係に関する教育研究センター)
3.宮内裕之(神奈川県相模原市立田名北小学校学校長)、日比貴美子(同小学校支援学級どんぐり・くるみ学級担任)
■ 高齢者を対象にした活動
1.戸塚裕久(公益社団法人日本動物福祉協会)
2.右色亜衣、小田切敬子(特定非営利活動法人アニマルセラピー協会)
3.北村咲愛子(学校法人国際ビジネス学院、国際ペットビジネス専門学校金沢)
4.小澤恵子(NPO法人ひとと動物のかかわり研究会、動物活用プロジェクトボランティア)


専門的な講演から、受け入れ先の学校関係者の発表、実際に活動している人たちの発表と幅広くバランスのとれた内容のカンファレンスだった気がします。

講演で言われていたこと。
「犬や馬といった自分が専門とする動物だけでなく、他の動物種を知ることが重要である。」
外の世界を知ることによって、さらに、自分の世界が見えてくる。ということもあるんでしょうね。幅広く勉強しなければと思いつつ、いろんな話を聞いて刺激を受けました。

まあ、あせらず一歩一歩やっていこうと思いますcoldsweats01

2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Royal halekulani ohana vol.2

ブリーダーさんところから巣立ったわんこの集まりオフ会
「Royal halekulani ohana vol.2」
にゆいたんの里帰りがてら行ってきました。
場所は、千葉県すいらんグリーンパーク内のドッグランです。
さすがに、平塚からはちと遠いですね。
けど、滋賀県や静岡県から来ている方もいてびっくりhappy02
遠いなんていってられませんね。

総勢・・・よくわかんなかったけど30キャバくらい??
とりあえずいっぱいです(笑)

5

やっぱりブリーダーさんの周りはキャバだらけ(笑)
3_2

内容も、クイズありゲームあり・・・
これらは分けわかんないうちに終わったんで説明は割愛sweat01
あと、写真コンテストcameraなどもありました。
いろいろ幹事さんが企画してくれていました。ありがとです。
でも、自己紹介が最後なのはなじぇ??

4

んで、ゆいたんはやっぱりcoldsweats01
デザート食べたり、
1_2

まったりして、相変わらずマイペースでしたsweat01
2_3

ゆいたん、久々の里帰りですよ~楽しめましたか~??

最後に、今回のオフ会幹事のメロママさん、どうもご苦労様でしたpaper

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パトラッシュ基金

パトラッシュ基金ですってdog
盲導犬普及のための活動らしいです。
「フランダースの犬」ファンとしては見逃せないっす(^^;
募金・寄付しなくちゃ(><)
動機がなんだか不純ではありますが・・・
あ、でも、時々機会があればすこーしですが募金はしてましたよsweat01
なんにせよ、ちょっとでも社会の役にたってくれればと思います。

パトラッシュ基金公式サイト

Patrash_mark

NEWSはここからdownwardleft
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100312-00000020-flix-movi

名犬パトラッシュが盲導犬普及活動のシンボルに!「世界名作劇場」と盲導犬協会がタッグ
3月12日17時2分配信 シネマトゥデイ

日本アニメーション株式会社は、世界名作劇場放送35周年を迎えた区切りとして、盲導犬の育成事業を支援、普及を広める「パトラッシュ基金」を発足させることを発表した。

 35年前に誕生した「世界名作劇場」は、第一作「フランダースの犬」よりスタートし一貫して「愛」を描き続けアニメーションの神様と言われている森康二氏をはじめ、高畑勲氏、宮崎駿氏など多くのアニメ界の巨匠達を生み出してきた。今回、発足された「パトラッシュ基金」の名称は、「フランダースの犬」の主人公のネロ少年と共に支えあいながら生きた、世界的に有名な愛犬・パトラッシュから命名された。実は、この「フランダースの犬」の作者であるウィーダ自身も30匹の犬と暮らす有名な愛犬家として知られ、作家活動の傍らイタリアにおいて動物愛護協会を設立し、長きに亘って多くの動物たちのために尽力した人物。そのウィーダの遺志である「人とかかわるすべての動物、生き物たちへの感謝や愛」という言葉を受け継ぎ、「パトラッシュ基金」を発足させた。

 今、全国で盲導犬を希望する視覚障がい者の方は約7,800人と言われており、それに対して実際に普及されている盲導犬の実働数は1,045頭(2009年3月31日現在)であり、希望者に対して盲導犬の数が大変不足していることを意味している。今回、「パトラッシュ基金」に寄付する金額は個人で決めることができ、寄付した人には「フランダースの犬」の特製しおりを手に入れることができるそうだ。集まった基金は全国8か所にある盲導犬育成団体の連合施設の運営や、盲導犬育成普及事業にあてられ、視覚障がい者の方への盲導犬普及はもちろんのこと、一般の人々の盲導犬に対する知識や理解を深めていくことを目標としている。

最終更新:3月12日17時14分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またひとつ・・・

「またひとつ年をとってしまった・・・」
(風の谷のナウシカ ユパ様風drama

実は、今日は、present 誕生日 birthday (≧∇≦)

というわけで、駒沢公園にお散歩?プチお花見?にいってきました。
3
なんで、駒沢行くとここで写真撮ってしまうんだろう・・・(笑)

ウメの木にはお花がきれいに咲いてました。
レジャーシート広げ、お菓子食べつつ、まったりしてくつろげました。happy01
5
4
ゆいたん、お花さんちゃんと見ましたか~??

帰りには、cubstar(カブスター)さんによってお茶してきました。
見て見て!!このカプチーノcafe
見た目にも楽しめるデザインカプチーノだそうです。
左がわんこ、右がくまさんかな!?
飲むのももったいなくてしばらく眺めてました(笑)
2

というわけで、○○回目の誕生日は、ランチしたり、お花見したり、お茶したり、お散歩したりと有意義に過ごしていきましたとさcoldsweats01

1
「HAPPY BIRTHDAY!!」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »